懸頭刺股とは

非常に努力すること。苦学の喩え。

漢の時代の楚の孫敬そんけいは、勉強中に眠くなると天井から下げた縄を首にかけて、机にうつ伏せになるのを防いだ。
出典:『蒙求』

同じく、戦国時代の蘇秦そしんは、勉強中に眠くなると自分の内股をきりで刺し、眠気を覚まして読書を続けた。
出典:『戦国策』

別表記:「刺股懸頭しこけんとう

四字熟語懸頭刺股
読みけんとうしこ
出典『戦国策』秦策・『蒙求』孫敬閉戸
類義語
使用漢字