愛楊葉児とは

仏教用語で、浅はかな考えを戒める言葉。

「川柳の葉を愛する幼児」という意味で、落葉の季節に、幼児が黄色くなった柳の葉を黄金と思い込み大切にするという逸話が由来。

読みあいようように
出典『二教論』
使用漢字