延頸鶴望とは

首を鶴のように長く伸ばして相手を待ち望むこと。

「頸を伸ばして鶴望す」と読み下す。

読みえんけいかくぼう
出典『三国志』蜀志・張飛伝
類義語
使用漢字