孟母三遷とは

子供のため最善の住環境を整えることの喩え。
または教育熱心な母親のこと。

孟子もうしの母は、孟子を育てるときに、三度も引っ越しをした。
はじめは墓地の近くに住んでいたが、孟子が葬式の真似事をするようになったので、町の市場の近くに引っ越した。すると今度は商売の真似事をして遊ぶので、今度は学校の近くに引っ越した。すると孟子はここでは生徒の真似事をして、本を読んだり、文を書いたりして勉強をするようになった。
こうしてようやく孟子の母は「この地こそ我が子に相応しい」と言って定住することにした。

同義語:「慈母三遷」「孟母三居」

四字熟語孟母三遷
読みもうぼさんせん
出典『古列女伝』
英訳The importance of creating an environment conducive to a child's learning (From the legend that Mencius' mother moved house three times before finding the ideal environment for him)
類義語
使用漢字