夷険一節とは

現在の状況や未来の運命が、平穏で楽しいものであろうと、また険しく厳しいものであろうと、節操を変えず信念を貫き通すこと。

読みいけんいっせつ
出典欧陽脩『相州昼錦堂記』
使用漢字