壺中天地とは

別世界、別天地のこと。
また、酒を飲んで俗世間を忘れること。

別表記:「壺中之天こちゅうのてん

古代中国後漢の時代。汝南に費長房ひちょうぼうという役人がいた。
彼はある時、薬売りの老人が店先の壺の中に入るのを見た。
老人に頼んで一緒に入れてもらったところ、壺の中には立派な建物があり、美酒や旨い肴が並んでいたので、老人と一緒にそれを飲み食いして壺から出てきたという。

四字熟語壺中天地
読みこちゅうてんち、こちゅうのてんち
出典『後漢書』方術伝
類義語
使用漢字