四百四病とは

仏教用語で、人間の病気は404種類あるとする説。

人体は「地」「水」「火」「風」の四つの元素(四大しだい)で構成されていて、これが不調なとき、それぞれ百一の病気が生ずるとされる。

なお「四百四病のほか」と言うと「恋の病」のことを表す。

四字熟語四百四病
読みしひゃくしびょう
使用漢字