呉牛喘月とは

必要以上に恐れ、怯えることの喩え。

の国は暑く、牛は月を見ても太陽だと思い込んであえぐという意味。

呉牛ごぎゅう、月にあえぐ」と訓読み

四字熟語呉牛喘月
読みごぎゅうぜんげつ
出典『世説新語』
類義語
使用漢字