南郭濫吹とは

有能な者たちの中に、無能な者が紛れ込んでいることの喩え。

春秋時代の斉の王は合唱を好み、三百人もの楽士を集めて演奏をさせていた。
南郭なんかくは演奏が下手であるにもかかわらず、その中に混ざり高給を得ていた。
ところが次の王は独奏を好んだため、一人ずつ演奏させるようにしたところ、南郭はあわてて逃げ出したという故事が由来。

「南郭、みだりに吹く」と訓読する。

別表記:「南郭濫竽なんかくらんう

四字熟語南郭濫吹
読みなんかくらんすい
出典『韓非子』内儲説
類義語
使用漢字