千里無烟とは

千里四方の広い範囲で炊事をする煙が見えないという意味で、人々の生活が貧窮を極めていることの喩え。

別表記:「千里無煙」

四字熟語千里無烟
読みせんりむえん
出典『三国志』魏志
使用漢字