以徳報怨とは

かつては敵であったり、怨みを抱いた者に対しても、愛情を持って接すること。

「徳をってうらみにむくいる」と訓読する。

同義語の「報怨以徳ほうえんいとく」は『老子・第六十三章』が出典。

四字熟語以徳報怨
読みいとくほうえん
出典『論語』憲問
使用漢字