于公高門とは

人知れず善行を積んだ者の子孫は繁栄することの喩え。

于公は裁判官として、常に公平な判決を下し、人知れず善行を積んでいた。
裁判が公平であったことで東海郡で有名となり、生きているうちから祠が作られるほどであった。

ある日、彼の家の門が壊されたとき、修理してくれた村人に次のように言った。
「門を高く大きくして、高い屋根の馬車が入れるようにしなさい。私は裁判において陰徳を多く積んでおり、まだ一度も人に無実の罪を着きせたことはないので、子孫には必ず家を興す者がでるだろうから」
彼の言葉どおり、後に息子の于定国うていこくが漢の宰相になった。

四字熟語于公高門
読みうこうこうもん
出典『漢書』于定国伝
類義語
使用漢字