三百代言とは

明治時代に、代言人(弁護士)の資格が無いのに他人の訴訟や裁判を引き受けた人。また、弁護士を軽蔑して呼ぶ言葉。

四字熟語三百代言
読みさんびゃくだいげん
英訳A pettifogging lawyer
使用漢字