高陽酒徒とは

「高陽」は、今の中国の河南省にあった地名。
「酒徒」は酒飲みのこと。

世俗を捨てた酒飲みだと自らを嘲っていう言葉。

中国の秦の時代の末期、劉邦りゅうほうが高陽の近くに進軍していたとき、酈食其れきいきはその軍門を訪ね、劉邦に面会を求めたが、酈食其が儒者の衣服を身に着けていたので、儒者嫌いの劉邦に断られた。
そのとき、酈食其は「私は高陽の酒徒である。儒者などではない」と言って憤慨したという故事が由来。

四字熟語高陽酒徒
読みこうようのしゅと
出典『史記』朱建伝
使用漢字