鞭声粛粛とは

誰にも気づかれないように、静かに馬に鞭打つこと。

川中島の戦いで、上杉謙信うえすぎけんしん武田信玄たけだしんげんに先制攻撃を仕掛けるために、夜に妻女山さいじょざんを下って、馬に鞭打つ音も静かに千曲川ちくまがわを渡った。
このときの情景を詠んだ詩句「鞭声粛粛よるかわを渡わたる」が由来。

四字熟語鞭声粛粛
読みべんせいしゅくしゅく
出典頼山陽『不識庵機山を撃つの図に題す』
使用漢字