雲行雨施とは

雲が流れ動いて雨が降り、大地を潤して恩恵を施すこと。
天下が太平であることの喩えにも用いる。

くもき雨ほどこす」と訓読する。

四字熟語雲行雨施
読みうんこううし
出典『易経』乾
使用漢字