阿頼耶識とは

仏教用語で、人間の五感や思考の根底、潜在意識の最も奥深くにある集合的無意識を指す。

大乗仏教の「唯識説ゆいしきせつ」では意識作用を八種に分類して「八識はっしき」と呼び、その第八識が阿頼耶識とされる。

  1. 眼識
  2. 耳識
  3. 鼻識
  4. 舌識
  5. 身識
  6. 意識
  7. 末那識まなしき
  8. 阿頼耶識

サンスクリット語の「アーラヤ・ビジニャーナ」の音写。

別表記:「阿黎耶識」

四字熟語阿頼耶識
読みあらやしき
使用漢字