銀盃羽化とは

盗難に遭うことの表現。
銀の杯に羽が生えて飛び去るという意味。

古代中国。唐の時代。有名な書家であった柳公権りゅうこうけんは書を頼まれては莫大な金品を得ていたが、使用人の中にこれを盗む者がいた。
あるとき、箱の中にあった銀のさかずきが無くなったが、箱を縛っていた縄は結ばれたままだった。
すると柳公権は「銀盃に羽が生えて飛んでいった」と言い、使用人を責めることはなかった。

銀盃ぎんぱい羽化うかす」と読み下す。

四字熟語銀盃羽化
読みぎんぱいうか
出典『新唐書』柳公権
使用漢字