運斤成風とは

常人離れした素晴らしい技術。大工の凄腕。職人。

きんめぐらしかぜす」と読み下す。

中国の春秋時代。鼻の先に漆喰しっくいをつけてしまった左官屋が、せきという名の大工に取ってくれるよう頼んだ。石は手斧を器用に振るい、鼻を傷つけることなく漆喰を削り落としたという故事が由来。

同義語:「匠石運斤しょうせきうんきん

四字熟語運斤成風
読みうんきんせいふう
出典『荘子』徐無鬼
類義語
使用漢字