越鳥南枝とは

故郷を懐かしく思う気持ち。
南から来た越の国の鳥は少しでも故郷に近い南側の枝に巣を作るように、鳥でも故郷を忘れがたいという喩え。

「越鳥は南枝に巣くう」と訓読する。

同じ意味の諺で「越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く」がある。

読みえっちょうなんし
出典『文選』古詩十九首
類義語
使用漢字