談天雕竜とは

弁論や文章の内容が広大かつ深遠で、また巧みなこと。転じて、広大ではあっても実用には役立たない無駄な議論や行為のこと。

「談天」は、天を論ずること。
「雕竜」は、竜を彫るように見事に文章を飾ること。

てんだんじてりゅうる」と読み下す。

四字熟語談天雕竜
読みだんてんちょうりゅう
出典『史記』荀卿
使用漢字