血脈相承とは

仏教用語。祖先から子孫へと血統が伝わるのと同じように、教義や法統が師から弟子へと受け継がれること。

浄土真宗では「伝灯相承でんとうそうしょう」と呼ぶ。

四字熟語血脈相承
読みけちみゃくそうじょう、けちみゃくそうしょう
類義語
使用漢字