肝胆相照とは

互いに心の底を打ち明けて話すことができる間柄の喩え。

「肝胆」は肝臓と胆嚢のことで、心の奥底の喩え。

「肝胆(かんたん)相照(あいて)らす」と訓読する。

読みかんたんそうしょう
出典韓愈『柳子厚墓誌銘』
使用漢字