篝火狐鳴とは

不可思議なことで民衆を惑わすこと。

古代中国、戦国時代。秦に対して陳勝と呉広が反乱を起こした際、かがり火をたき、狐の鳴き声を真似させて、民衆を見方につけるためにとった知略の故事が由来。

四字熟語篝火狐鳴
読みこうかこめい
出典『史記』陳渉世家
使用漢字