禍福倚伏とは

幸運と不運は交互にやってくるということ。

「禍は福のる所、福は禍のす所なり」と訓読する。

読みかふくいふく
出典『老子』
類義語
使用漢字