相碁井目とは

何事においても人の実力には大きな違いがあることの喩え。

「相碁」と「井目」はいずれも囲碁の専門用語。
「相碁」は、腕前が互いに等しい者同士が打つ囲碁。
「井目」は、囲碁の盤上の九つの点。また実力に大差があるとき、下手の者がハンディキャップをつけるため、この九つの点にあらかじめ碁石を置いて対戦することを意味する。

例文

・相碁井目の事実を受け入れ、自分を信じて努力したいものだ。

四字熟語相碁井目
読みあいごせいもく
英訳In every game or play, differences in skill between individuals can be substantial.
使用漢字