白璧微瑕とは

美しい品物なのに、ごく小さな傷があること。

立派な人物に僅かな欠点があることの喩え。玉にきず

類義語:「白玉微瑕はくぎょくびか

四字熟語白璧微瑕
読みはくへきびか、はくへきのびか
出典蕭統『陶淵明集序』
使用漢字