白河夜船とは

「白河」は京都の地名で、古くは賀茂川と東山との間の地域を指した。

京都見物をしたと嘘をついた人が白河のことを聞かれ、「白川」という川の名前だと思い込み、「夜に船で通り、船上では寝ていたから知らない」と答えたため、嘘がばれてしまったという逸話が由来。

深く眠り込んで、その間に何が起こっても気が付かないことや、知ったかぶりの意味で用いられる。

「白川夜舟」とも書く。

四字熟語白河夜船
読みしらかわよふね
出典『毛吹草』
使用漢字