猗頓之富とは

巨万の富。莫大ばくだいな財産の喩え。

中国春秋時代。猗頓とうしゅは若いころは貧しかったが、陶朱とうしゅという資産家に富を得る教えを受け、牧畜と製塩業をはじめて大富豪になり、巨万の富を築いた。
世間の人は金持ちというと猗頓の名を挙げるようになったという。

四字熟語猗頓之富
読みいとんのとみ
出典『文選』賈誼「過秦論」
使用漢字