狐死兎泣とは

仲間の不幸を悲しむこと。または同類の不幸を憐れむこと。

「明日は我が身」という意味合いを含んでいる。

「狐死して兎泣く」と訓読する。

四字熟語狐死兎泣
読みこしときゅう
出典『宋史』
使用漢字