満中陰志とは

主に西日本で使用される言葉で、四十九日の法要の香典返しの品に記される文言のこと。

「中陰」は人の死後四十九日の期間。「満中陰」は四十九日目の忌明けの日を迎えること。

四字熟語満中陰志
読みまんちゅういんし
使用漢字