梅妻鶴子とは

妻の代わりに梅を植え、子の代わりに鶴を飼う。俗世を離れた風流な隠遁生活のこと。

古代中国のそうの時代、林逋りんぽは、隠遁いんとんして西湖せいこの近くに住んでいた。
妻子のない一人暮らしで、家の周りに梅を植え、鶴を飼って風雅に暮らしていた。
たまに友人が訪れると、鶴を放して歓迎したので梅妻鶴子と呼ばれた。

四字熟語梅妻鶴子
読みばいさいかくし
出典『詩話総亀』
使用漢字