握髪吐哺とは

髪を洗っている最中でも、食事をしている途中でも、それを中断して来訪者に会うこと。
優れた人材を得ようとして努めることの喩え。

古代中国の周公旦しゅうこうたんは、来客があった際、入浴中には洗いかけの濡れた髪を握ったまま、食事中には口の中の食べ物を吐き出してまで面会し、優秀な人材を逃さないように熱心に求めたという故事が由来。

かみにぎく」と訓読する。

同義語:「吐哺握髪とほあくはつ」「吐哺捉髪とほそくはつ

例文

握髪吐哺により確保されたメンバーが集結した。

四字熟語握髪吐哺
読みあくはつとほ
出典『漢詩外伝』
英訳Extraordinary efforts to find and employ capable persons
類義語
使用漢字