従善如登とは

善を積み重ねるのは難しいということの喩え。

本来は「従善如登、従悪如崩」で一つの語で、「善に従うことは山を登るように困難で、少しづつしか自分を高めることができない。悪に従うことは簡単で、山が崩れるように一瞬で自分をダメにしてしまう」という意味。

「善に従うは登るが如し」と訓読する。

読みじゅうぜんじょとう
出典『国語』周語下
対義語
使用漢字