宝篋印塔とは

墓塔・供養塔などに使われる仏塔の一種。
多くは石で造られているが、稀に木造のものもある。

もとは鎌倉時代に、密教(天台宗・真言宗)の信仰から使われ始めたが、鎌倉時代以降は宗派を問わず造られるようになった。

四字熟語宝篋印塔
読みほうきょういんとう
使用漢字