安宅正路とは

仁と義のこと。「安宅」は安全な住居であり、仁を安らかな身の置き所にたとえていう。「正路」は人の正しい道という意から、義のたとえ。

例文

どんなに苦しくて逃げたい状況でも、安宅正路によって自身の心を整えてきた彼の文章は、孤独な若者の共感を得る。

四字熟語安宅正路
読みあんたくせいろ
出典『孟子』
使用漢字