問鼎軽重とは

人の権力や能力を疑って軽視すること。
または、権威ある者の力量をあなどって、その実力の程を問うこと。

王権継承の証であるかなえ(三足の宝器)の大小軽重を質問した楚の荘王の故事が由来で、王座を狙う意図を表す。

かなえ軽重けいちょうを問う」と訓読する。

四字熟語問鼎軽重
読みもんていけいちょう
出典『春秋左氏伝』宣公三年
使用漢字