哀矜懲創とは

懲罰を与えるにも、相手を思いやる情が必要であることを説いた言葉。

罰はその罪を悔い改め、人生に新たな道を開くためのもので、悲しみや哀れみの心をもって行うべきだという戒め。

読みあいきょうちょうそう
出典蘇軾『省試刑賞忠厚之至論』
使用漢字