君子豹変とは

信念を持たずに考えや態度をあっさりと変えること。

「君子」は、教養や徳の高い人、人格者のこと。
「豹変」は、豹の体の毛のまだら模様が鮮やかに変化すること。

もともとは「君子は潔く過ちを改める」ということで、良い意味で用いられたが、現在では俗に、無節操の比喩として悪い意味で用いられることが多い。

君子くんし豹変ひょうへんし、小人しょうじんおもてあらたむ」を略した言葉。

四字熟語君子豹変
読みくんしひょうへん
出典『易経』革
英訳The wise readily adapt themselves to changed circumstances.
The wise make no scruple in suddenly changing their demeanor.
使用漢字