只管打坐とは

ただひたすらに、一つのことに集中すること。
仏教、特に禅宗の言葉で、曹洞宗の道元が説いた、ひたすら座り続ける坐禅修行のこと。

「只管」は、ひたすら、ただ一筋に一つのことに専念すること。
「打座」は、座ること、座禅を組むこと。

別表記:「祗管打座」

四字熟語只管打坐
読みしかんたざ
出典『正法眼蔵随聞記』
類義語
使用漢字