偃鼠飲河とは

自分の器量や能力をわきまえ、相応のところで満足し、身の丈にあった暮らしをすべきだという教訓。

古代中国の伝説上の聖天子『尭帝』が、賢者『許由きょゆう』に天子の座を譲ろうとしたところ、許由は自分を偃鼠(モグラ、またはドブネズミ)にたとえ、「モグラは大きな黄河の水を飲んでも、すぐに満腹になる」と言って、自分が今の生活に満足していて、これ以上何も望んでいないことを示し、尭帝の提案を断った。

読み下し文の「偃鼠、河に飲むも満腹に過ぎず」を略した言葉。

同義語:「飲河満腹」

読みえんそいんが
出典『荘子』逍遥遊
類義語
使用漢字