伯楽一顧とは

世に埋もれていた人が、その才能を見出され、重用されること。

中国の春秋時代。ある馬屋の主人が、商品である馬がなかなか売れないので、馬の良し悪しを見分ける達人である伯楽に、「私の馬を見て、その後に一度だけ振り返ってほしい」と頼んだ。
伯楽が言われた通りに実行したところ、その日のうちに馬に十倍の値段がついて売り切ったという。

四字熟語伯楽一顧
読みはくらくいっこ
出典『戦国策』燕策
使用漢字