一日不食とは

仕事をしてからでないと食事をしないという意味で、労働の大切さを説いた言葉。

唐の時代の禅僧「百丈懐海ひゃくじょうえかい」は、修行のための労働を重視していた。
ある日弟子たちが、高齢の師を労わりその日は休んでもらおうと思い、農具などを隠した。
その日、百丈懐海は働くことができなくなったので部屋に閉じこもり、食事を摂らなかった。
弟子たちが理由を尋ねると「一日らざれば一日くらわず」と答えたという。

「一日不作、一日不食」を略した言葉。

四字熟語一日不食
読みいちにちふしょく
使用漢字