黒衣宰相とは

僧侶の身分で政治に参画し、大きな勢力を持つ者。
江戸時代初期に徳川家康に重宝された金地院崇伝、南光坊天海などが有名。

四字熟語黒衣宰相
読みこくえさいしょう、こくえのさいしょう、こくいのさいしょう
出典『資治通鑑』宋文帝
使用漢字