黄粱一炊とは

栄枯盛衰の儚いことの喩え。

廬生ろせいという青年が邯鄲(河北省)の宿で、道士の呂翁から枕を借りて寝た。
すると五十年以上の波乱万丈の人生を送る夢を見たが、目覚めてみると、炊きかけの黄粱こうりょう(きび、あわめし)もまだ炊き上がっていない、わずかな時間しか経過していなかった。

四字熟語黄粱一炊
読みこうりょういっすい
出典沈既済『枕中記』
使用漢字