馬氏五常とは

兄弟が皆揃って優秀なことを表す言葉。

三国志に描かれている故事が由来。

馬氏ばしの五人兄弟は、いずれもあざなの中に「常」という字が使われていたので「五常」と呼ばれ、さらに長男から順に「伯常」「仲常」「叔常」「季常」「幼常」と呼ばれていた。

このうち四男の本名は馬良ばりょうで、眉に白い毛が混じっていたので「白眉はくび」と称された。
末っ子の本名は馬謖ばしょくで、「泣いて馬謖を斬る」の故事で有名。

四字熟語馬氏五常
読みばしごじょう
出典『蜀志』馬良伝
類義語
使用漢字