韓信匍匐とは

将来の目的を果たすために、目前の恥辱や苦労を耐えることの喩え。

『韓信』は後に漢の『劉邦』に仕え、王朝を建国するときに大きな功績を上げ、三傑と称された人物。

読みかんしんほふく
出典『史記』淮陰侯伝
使用漢字