輸攻墨守とは

攻める者も守る者も、智恵を尽くし万策をもって戦うこと。

しゅ」は公輸盤こうしゅはん、「ぼく」は墨翟ぼくてきのことで、どちらも人の名前。
公輸盤が攻めて、墨翟が守るという意味。

中国春秋時代。公輸盤が楚のために宋を攻めようとしていると聞いた墨翟は、ただちに楚に赴き、公輸盤と机上戦を繰り広げ、堅い守りで攻めあぐねさせ、実際に攻める意欲を失わせたという。

四字熟語輸攻墨守
読みしゅこうぼくしゅ
出典『墨子』公輸
使用漢字