観天望気とは

空模様や生物の行動などを観察して、経験をもとに天気を予想する方法。

  • 夕日が出ると次の日は晴れる
  • おぼろ雲(高層雲)は雨の前ぶれ
  • 山に笠雲がかかっていると雨が降る
  • カエルが鳴くと雨が降る
  • 猫が顔を洗うと雨が降る
  • ツバメが低く飛ぶと雨が降る

迷信めいたものもあり、公式な天気予報に代替できるものではないが、湿度や雲の構成などから正確性が証明できるものも多い。

「農事金言」とも呼ばれる。

四字熟語観天望気
読みかんてんぼうき
使用漢字