羊裘垂釣とは

羊の皮衣を着て釣り糸を垂らすこと。
隠者の姿の形容。

羊裘ようきゅうちょうる」と訓読する。

古代中国、後漢時代初期の厳光げんこうは、後の光武帝となる劉秀りゅうしゅうの学生時代の同門だったが、劉秀が即位すると姓名を変えて行方をくらましてしまった。
厳光を高く評価していた劉秀は彼のその才能を惜しみ、各地に使者を派遣して捜索した。
結果、厳光は羊毛の皮衣を着て小さな川辺で釣りをしているところを発見された。

四字熟語羊裘垂釣
読みようきゅうすいちょう
出典『後漢書』厳光伝
使用漢字